エクスペルの透明プロテクションフィルムで愛車をガード


Licence



DIY製品施工マニュアル

XPELのDIY製品(ドアシルガード・ドアエッジガード等)の取り付けはとても簡単です。
動画マニュアルにすると僅か1分30秒。取り付けの際はご確認ください。


ドアエッジガードのDIY施工マニュアル


ドアシルガードのDIY施工マニュアル



プロテクションフィルム施工の流れ


XPEL ペイントプロテクションフィルムの施工は、 まずコンピュータに純正の型が入力されているかの確認から始まります。
型がある場合にはその車種用に大型カッティングマシンでフィルムを出力。ない場合は型取りを行います。
次に汚れを取る溶液を吹き付けて洗浄し、さらにフィルムの滑りをよくする専用ジェルをかけてから、フィルムを貼りつけていきます。
曲面の貼付けが非常に難しい部分などは最新の注意と最高の技術で切れ目なくボディにフィットさせます。
そして最後にコーティング剤を塗り、ゴムのような肌触りを滑らかにし、さらに静電気防止と汚れ防止を高めて完成です。


バップス/XPELプロショップ施工の流れ


1.洗車&マスキング 2.専用ジェル散布 3.位置決め&貼り付け 4.最終調整 5.完成
車両についた汚れをキレイに洗浄し、各部をマスキングします。 フィルムの滑りを良くする専用ジェルを塗ります。 貼り付け位置を決定し、細心の注意と技術で貼り付けます。 フィルムの間に入った空気やジェルを丁寧に取り除きます。 施工車両を一定時間乾燥させ、完成です。


プロフェッショナル・インストーラー制度


XPEL ペイントプロテクションフィルムは非常に伸縮性が高く、 その為にこれまで不可能だと思われていた個所への施工が可能となりました。
しかし、それは逆にこれまでの常識では考えられない性質となる為に、施工には特別な知識と専門の施工技術が必要になります。


フィルムの性質だけでは、100%の性能を発揮することはできないのです。


その為にXPEL ペイントプロテクションフィルムを施工するには、特別なトレーニングで 専門知識を学び、技術を身につけたプロフェッショナル・インストーラーのみが、 1台1台の施工車両に匠の技で施工して初めて100%の性能が発揮できるのです。

img




Recruitment Licency_販売代理店募集


Contact Us_バップスへのお問い合わせ